ガールズバーの客層と種類の違い

thrshtrs
ガールズバーでお仕事をしようと考える時に実際に接客をする相手がどういう人たちなのかという事がわかったほうが実際の仕事をイメージしやすいかと思います。
ガールズバーの客層は、どんなタイプがいるのかということを開設していきましょう。

ガールズバーで来る客層について

ガールズバーというお仕事は、キャバクラと普通のバーのちょうど間にあるようなお仕事だと言えます。
比較的働きやすい場所ではあるのですが、それはお店の性質は勿論ですが来店するお客さんの性質なども一つの要素だと言っていいでしょう。
ガールズバーというのは夜のお店だったり風俗店などとカテゴライズされる場所が基本的に同じです。
なので、まず客層の年齢に関しては大前提として挙げることができるのは18歳以上だということですね。
だから、基本的にはお客さんの年齢層に関しては大人であるということが前提になると思っていいでしょう。
しかし、18歳以上ということになれば色んな年齢層のお客さんが来るんですね。

ガールズバーの楽しみ方

基本的には、店員の女性と楽しく会話をしながらお酒を飲みたいという人が殆どなのですが、中にはガールズバーの店員さんに本気で恋しているような人もいるんですね。
客層はかなり幅広く、その楽しみ方というのも非常にバラバラなのでお客さんに合わせた楽しみ方をするのが一番でしょう。
しかし、ガールズバーの店員に本気で恋をしている人となると感情に振り回されてしまい、トラブルを起こすもとになってしまうこともありますので適当にあしらったり、あまり深入りしないように接客をする必要があるなど、お客さんの楽しみ方によっては対応の仕方を考えなくてはいけないという事もあります。
ytjyt
高時給で働く事が出来る人気ガールズバーというお仕事は、色んな人が興味を持っている場所だと思います。
ナイトワークの中でも比較的カジュアルな客層が多く、しかもお店の雰囲気や接客の内容なども非常に気軽な物が多くて仕事がしやすいという事もあって若い女性たちに人気なのです。
しかし、ガールズバーのお仕事をするのは具体的にどんな接客をすればいいのか分からないという人もいるでしょうから実際の接客の雰囲気を解説しましょう。

ガールズバーの接客の雰囲気

基本的に、キャバクラのようなマナーなどは無くある程度一般常識を守っていれば接客の仕方に関しては個々の自由です。
勿論、ガールズバーのお客さんが不愉快にならないような気遣いくらいはする必要がありますが、過度な接客や過度な接待のようなことはする必要はありません。
マナーを守って、なお且つ楽しく明るく会話をするというような接客の範疇にあるのならば自分の個性を活かしたような会話を展開して行くだけでいいのです。

基本の接客はどう覚えるかについて

個性を活かしたような接客のベースになる普通の接客に関しては、やはり先輩などに教わるのが一番いいと思います。
先輩や上司とは言っても、ガールズバーのお仕事に関してはそこまで厳しい上下関係などはなく、あくまでもお仕事の上での先輩というような形で接してくれるのが基本になります。
わからないことがあれば先輩やスタッフに聞けばやさしく教えてもらえると思います。
それ以外でも、お客さんと普段どんなふうに会話をしているのか、どういう風に接客をするのかという事を見て参考にするといいでしょう。
ガールズバーのお仕事は、基本的に一人でやることはないですからね。

更新情報